2010年01月28日

3.9%減の過去最悪に=09年雇用者報酬−デフレや非正規拡大で(時事通信)

 政府が22日決定した経済見通しの中で、賃金と社会保険料の企業負担を合わせた「雇用者報酬」は2009年度で3.9%減と、統計値のある1956年度以降では過去最悪の落ち込みとなることが分かった。2010年度も0.7%減と4年連続で減少する見込み。
 雇用者報酬の減少が続いているのは、デフレの進行や高賃金の団塊世代の退職、低賃金の非正規雇用労働者が拡大しているためで、内閣府は「雇用の構造的変化は今後もまだ続く」とみている。また、09年度は世界経済危機の直撃で賃金カットや失業の増加も加わった形だ。 

【関連ニュース】
名実逆転のデフレ続く=10年度経済見通しを閣議決定
経済・物価見通しを点検=25日から決定会合
景気判断据え置き=住宅は「持ち直し」に上方修正
世界の注目指導者3位に小沢氏=失脚しなければ影響力強化
「低下」初めて「上昇」上回る=1年後の物価見通し-12月の消費動向調査

「マスコミは検察の犬」 自民・河野議員が「検察報道」批判(J-CASTニュース)
教え子暴行、元スケートコーチに懲役7年判決(読売新聞)
シカ全頭を安楽死へ 大阪・池田市(産経新聞)
【寒蛙(かんがえる)と六鼠(むちゅう)】論説委員・長辻象平(産経新聞)
半日後にがれきから遺体 女性はねた容疑で男逮捕(産経新聞)
posted by キタジマ ヨシハル at 16:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。