2010年04月29日

捜査結果の公表、中止求める=警察庁長官銃撃事件−日弁連会長(時事通信)

 公訴時効が成立した警察庁長官銃撃事件をめぐり、警視庁が「オウム真理教の信者グループが関与した組織的テロ」と特定する捜査結果をホームページ上で公表していることについて、日弁連の宇都宮健児会長は27日、「憲法や『無罪の推定』の原則に明らかに反する」として、中止を求める声明を発表した。
 声明は「検察で起訴さえされなかった事件で、このような公表を行うことは決して許されない」と警視庁を批判している。 

【関連ニュース】
【特集】国松警察庁長官銃撃事件〜ついに時効!〜
〔写真特集〕地下鉄サリン事件
松本死刑囚への崇拝継続=09年オウム活動状況
都公安委に苦情申し出=長官銃撃の警視庁発表で
長官銃撃事件の検証開始=問題点洗い出しへ

<大極殿>平城宮跡に復元 皇太子さま出席し式典(毎日新聞)
<鳩山首相>志位・共産党委員長と会談 普天間移設問題巡り(毎日新聞)
明美ちゃん基金 ベトナム医療指導に適用(産経新聞)
脱線事故5年 思い出の地の砂を長男手作りの茶碗に 遺族の菅尾さん(産経新聞)
舛添氏「金のかかる政治と決別」 政治とカネ問題に苦言(産経新聞)
posted by キタジマ ヨシハル at 11:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。